2014年10月30日木曜日

【AOFお知らせ】クリスマスキャンドルワークショップ


12月にクリスマスキャンドルのワークショップを行います。

で、そのときに、シトラスフラワーコスメティックのサンプルを配布いたします。






とりあえず、試作してみた。キャンドル。
今日は天気がよいので外で写真とりました。

2014年10月28日火曜日

【作ったもの】赤ルバーブジャム


多摩センターでハロウィンイベントをやっていたので、コドモつれていってきました。

いるわいるわのアナだのエルサだの。

そこでであった赤ルバーブ。(出店で買いました)

家に帰ってさっそくジャムへ。

約300g 500円でした。
2つ買おうかなと思ったら
1つでも結構できるよとお店の人がいうので1つにしたけど
やっぱり2つ買えばよかったと思いました。
だってすごくきれいだし、ヨーグルトにいれてすぐ食べちゃう。




そういえば、緑ルバーブを桜ファーイースト始めたころ(10年も前)にネットで販売していました。
晴耕雨描 というサイトで北海道の長谷川さんが作ったものです。
ちょっと検索したらまだWEBあった! http://www.sakurafe.com/rhubarb/recipe.htm


あー懐かしい。。長谷川さんとゆうぱっくのサイズ相談したり、こういったものがAMAZONでぽいっとかえる時代でもなかったので、ちょいちょいいろんなところから注文いただいていました。

長谷川さんが、お亡くなりなって、できなくなってしまいました。長谷川さん、本当にありがとうございました。

晴耕雨描って、長谷川さんのことでした。絵を描くのが趣味で、毎年年賀状の絵が楽しみだった。

札幌のシエムさん、なんと、アロマつながり。嶋津さん一回だけ東京でお目にかかったことがあります。小柄でかわいらしいかた。お菓子とご主人への愛情をお話のなかですごく感じました。
ルバーブの甘酸っぱい香りで懐かしさでいっぱいの気持ちになりました。このシュークリームたべたい。。。




2014年10月24日金曜日

【香り】沸点がトップだのミドルらのラストをきめる

いくつかMSDSからたどってBP (沸点)を並べてみた。

理論上は、ベルガモット→シダーウッドが、香り立ちのスピードということになる。


ベルガモット 沸点 159度
レモン 沸点 176度
ローズオイル 沸点 176度
スイートオレンジ 沸点 177度
ライム (press) 沸点 182度


ラベンダー 沸点 204度
ゼラニウム 沸点 250度~258度
イランイラン 沸点 264度


サンダルウッド 沸点 276度
シダーウッド 沸点 279度

と、並べてみて、つらつらかいていて、やっぱり腑に落ちない。

時々ラベンダーをトップノートにもってきていたり、イランイランをトップにもってきているものもみる。たしかに、モノの感じ方として、それもありだな、と思うこともある。イランイランはかんきつ系のトップノートとまざりあうと、ぴょーんと最初からつよく香るときもあるし、イランイランのエッセンスの取り方で、コンプリート(全部最後までとる)だと、重たい香りに感じて、ラストノートまで橋渡しするような香りになる。

だけどこうして沸点という観点だけで羅列しちゃうと、わりとはっきりグルーピングできてしまうんだけど、ローズはトップノートの部類だし(レモンとオレンジに挟まれてるよ)でもやっぱり、これはミドルノート(♡)として軸になる香りでしょう、って思う。

使う香料の構成によって、この辺は可動なんじゃないかなと思う。。。そうだとするとカテゴリーをわけるのがいい加減になっちゃうけど。でもまあ、香りはそういうものなのかな。

【日々のこと】毎日とおる森


きのこがわっしゃわっしゃと出てくる森。
毎日保育園にいくためにとおっています。

保育園は、ほんとうは家の近くに入りたいきもするのですが、
こっちの保育園ものびのびと広い環境で気に入っています。

しかしコドモ引きずって片道1時間半はキツイなあとも思います。

0歳からお世話になって今4年目。
今日は遠足で、動物園にいっています。



2014年10月21日火曜日

【日々のこと】りんごの香り、おまつり、近所のことで盛りだくさんだった週末

ご近所の大学にいってフレーバー調香のクラスをとりました。
第一回があったのですが、すごくすごく楽しかった。

(復習)リンゴフレーバーをつくる工程
1 めをつぶる。三分。りんごのことをひたすらかんがえる。
2 考えたことをかく。
3 りんごフォーマットの30の香料をかいで第一印象をかく。
※りんごフォーマット30のなか、4種類、天然香料。
アンジェリカルート、カモミール、ダバナ、ラブダナム。
4 香りのプロファイル。骨格をもとに、自分の印象に近い香料選び。

そのほか、へーって思ったこと

バターの香料は、日本人はヨーグルトと認識するらしい。(発酵バターみたいだからだと思う。うちにもバターCO2があるのだけど、まさに発酵バターだと思った。)
蚊の嗅覚受容体遺伝子 79こあるうち79、フル稼働させているということ。(ヒトは828のうち388しか稼働していないらしい。この数数えた人すごいな。)

ばーちゃんが孫にあいにくる。おまつりにいったこと。(無駄遣いまつり)
町内会そうじ、総会参加、マックグルメ、TSUTAYA、31アイス、どっぷり読書、OKストアに買い物、もつ煮込み以上です。

もつ煮込みは、いっぱいつくりすぎて、すでにノルマきつい感じです。。。

2014年10月15日水曜日

【人生】不動産王の物件にすむS口さんの話


桜ヶ丘の物件で、最上階にすむ住人がいた。
昔、会長のところで働いていた、背中に障害をもつS口さんという男性。

どう考えても不思議な、最上階って本当に、ビルの屋上に、掘立小屋みたいなものがあって、そこに住んでいる。

身体の小さい背中に障害のあるS口さんには、この階段祭りのビルは応えるだろう。

でも、ときどき、仙人も買い物にいかないといけないので引きこもってばかりもいられない。

ある日、年に一度の花火大会の日、(いまはもうない。震災を理由になくなっちゃった。本当は財政難だったんだと思う)S口さんと一緒にビールのみながら小さい屋上の窓から花火を眺めたことがある。

S口さんは一人暮らしで話し相手がいないから、時々寂しくなってしまう。

私でよければ。そして昔話をうかがうことになる。

どうしてS口さんが今ここにいるのかという話を伺った。相当ギャンブル好きだったこと。2階でやっていたマージャン店がすごく繁盛していたときのことなど。そして、要。なぜ仙人のようにここにいるのか。亡くなった会長(不動産王と私が呼ぶ)の奥様が、S口さんをここに置きましょう、といったかららしい。かなり気にかけてもらって親切にしていただいたと。

わたし、常々思っていることがありますが・・・。どんなに有名でお金を持っていて偉い人がいたとしても(たとえばビルゲイツとか)そこんちの奥様を敵に回したら終わりだなと。

根回しするなら絶対奥方です。奥方が気に入れば万事回るけど奥方に気に入られなければおしまい。

2014年10月14日火曜日

【人生】調布の青木さんの話 青木シリーズその2

前に京都の青木さんの話を書いた。
今度は調布の青木さんの話を書こうと思う。

青木さんは、私が24で会社を首になって、仕事を探していて、拾ってくれたデザイン会社の社長さん。ライターをネットで募集していて申込みをしたのがきっかけ。当時国分寺に住んでいたので、調布が近いような遠いような・・・。(中央線と京王線が、まじりあわない・・・)

とにかく、青木さんは、ポジティブで、仕事大好き人間。休みなく(自営業のサガですが)働いていて、楽しいことをいつも考えている。

青木さんが、不動産王のおじいさんを紹介してくれて、私は勤めていた会社を辞めて、起業することになる。

当時電気の新聞のライターをしていたのだけど、編集長と思っていた会長さんは、不動産をいくつかお持ちで、このときに、このかたからの刺激をかなり受ける。「いいかい。株はいいものだよ。株を買いなさいよ」と会長はおっしゃっていた。たぶん京王電鉄の株をたくさんお持ちだったと思う。インフラの株は強いよね・・・

で不動産王が持っていた聖蹟桜ヶ丘の物件を借りて、仕事をはじめるわけであります。

そうだ。起業っていうとぎょうぎょうしく聞こえるけど、我々の場合は、たんに、有限の登記をしたというだけ・・・。生活をしていくだけの基盤があったわけでは決してない。

で、当然家賃がはらえないよーということになります。(当時、20万/月 払うようにいわれていたと記憶する)ゴキブリがでるし、電車はうるさいし、下水があがってくる古い古い物件で不満はいっぱいあったのでいつか引っ越ししようと思っていましたが。(そして実際引っ越ししていますが)

あ、青木さんの話からずれてしまった。

そう。青木さん。

ひょうひょうと、長いものにまかれるような風情で実はまかれない。

この前会う機会があって、すごく久しぶりに調布のカフェで会ったら、なんとまあ、お孫さんがいらっしゃるとのこと。月日が流れたことを実感しました。。。

この、青木さんは、私のターニングポイントにいつもいる人なのです。


【日々のこと】週末にやったこと


先週、旬の野菜の箱を注文して、それを調理するのに、いろいろ調べたり、切ったり、加熱したりして、台所にいる時間がいつもより長かった。(めずらしいふだん使わない野菜がはいってくるので、おいしい食べ方を調べてから調理に取り組んでいた)

そして、台風の接近を気にしつつ、日曜日はキャンプ。いちをテントも持参していったけど、寒かったのと、やっぱり台風が心配だったので夜中に帰ってきてしまった。(運転手は大変ー)
この時点では、富士山は雨も降ってないし風もふいてない。星や月まででちゃってて、本当に台風くるのかしら?の感じ。

いつも遊んでくれる大好きなお姉ちゃんと一緒に昭和の花火

私はここで2回も昼寝をしているというのに、コドモはさっぱり寝ない。楽しくて楽しくて、こんな楽しいことは1分1秒逃すものかという勢いで遊んでいる。

いつも、食材を多く持ち込みすぎて、余らしてしまい、キャンプ飯が当分続く・・・と、いうことになるので、今回は、いつもより準備する時間もあったので、少な目で支度して、魚なんかも内蔵抜いて火にかけるだけにしていった。そしたら、今回は、完売! (売ってないけどね)在庫ゼロで帰っていた。すがすがしい。こんなこともあるものか。

台風が心配だったので、酒はのまないでいた。(もっていったんだけど、オレンジジュースのんでた)

山のなかで、小鹿に遭遇した。たぶん、こっちよりあっちのほうがびっくりしたと思うけど、こっちもをいちをびっくりした。

農産物の市場がでていて、立ち寄ってみると、スバラシイ大根! 
大根娘がいるので2本ほど購入。(@100円)

赤いのと白いの。赤は、かぶみたいな食感。



先週の旬の野菜の箱にも大根はいっていたのだけど、あっというまに食べちゃったので、また、大根葉っぱをふりかけに。(おにぎりにまぜるとおいしい)

写真は、水分を飛ばしているところ。しんなりしてきたら、火からおろして、フープロで粉々にする。
で、味を付ける。さとう、酒、しょうゆ、かつおぶしたっぷり。

あ、花火のこと書き忘れた。本当に昭和の花火。40年前のものらしいです。
でも、着火もいいし、だいたい火薬の量が多いのか、長く楽しめる。きっとこの40年にいろんな規制がでてきて、花火も様変わりしたんだろうな。

2014年10月10日金曜日

【香り】新商品 シトラスフワラー

新商品がでました。
シトラスフラワーラインです。



化粧水と美容乳液

今年の春に、無農薬栽培をしている静岡の富士山の麓の農家さんへいってコツコツと花をつみました。その花を蒸留してつくった化粧品です。

香りはかんきつの花満開のときに畑を通りかかったときに感じる風のような香りです。

引き締めながら保湿する化粧品です。