2012年9月20日木曜日

【人生】家を8軒所有する人の話

アナゴの仕事で、家を8軒所有する人のお宅へ伺ったそう。
私はとおい目をした・・・

体は一つ。8軒の家屋・・・ よほど好きで、お金がたくさんないと実現しない。
(だって、家電製品や家具などもそろえるんでしょう? ただ、家があるだけじゃ意味をもたないし)

その家は全部自分用なのだろうか? 賃貸しているのだろうか?(余計なお世話ですね)

世の中には一軒ももたない人もたくさんいるのに、八軒(あるいはもっと)持つ人もいるのだなあと妙に感心してしまった。



なんくるないさー

さあ、目の前の仕事を精一杯やろう。

【日々のこと】雷ごろごろ、アンパンマンとやもちゃんのこと

おとといの夜はおっそろしいほど近くで雷が鳴り響きました。

 コドモは寝かせたあとだったのでよかった。
 アンパンマンのひらがなを覚える教具があるのですが
 (コレ) 




これが、なんと暗闇で雷に呼応してピカピカ光ってる。怖いことこの上ない。(電源をいれたまま子供が飽きてしまった場合、「また遊ぼうね! バイバイ!」といって電源がはいったままでも落ちるようになってる。たまたま電源がONになっていたのだけど、このアンパンマンにはだれも触れていないない。猫も雷に怖がって隠れていたし、私たちは窓をしめたり、エアコンの電源おとしたり右往左往していたし、子供は寝ていた。アナゴが「あれ! アンパンマンが光ってる!」これで気が付いた。しかも「いっしょにあいうえおしようよ!」とか言ってる。(勝手に・・・)怖い。

雷がなると、電源がはいったままのおもちゃが動き出すとかそういった現象があるのでしょうか?誰かおせーて。やなせさんなら知ってるだろうか・・・




そして、やもちゃん。ときどき遊びに来る。ここ数日は毎日あそびにくる。

やもちゃんも雷にびっくりして、ピカ!っと光った後、ぱたって落ちてしまった。
(その落ちるさまを見ていて気の毒やらかわいいやら・・・)

とにかく、雷が近くでドンガラドンガラと落ちていて落ち着かない夜でした。短い時間だったけど・・・

2012年9月18日火曜日

【旅】星のこと


石垣島は星がきれいです。

(と、母にいったら、平戸出身の母が平戸もきれいだっていっていました。その通りです! あんまり、ピカピカネオンやら光がないところで、空気がきれいなところが星のきれいにみえる条件。それプラス、石垣天文台は、ジェット気流の発生が少ないんですって。だから、きれいに見える条件が全部そろっているとのこと)

石垣天文台

そしてだね。

星のことばかり考えていたら。。。あれ? ずいぶん低い位置でもピッカピッカしている。
星が足元にちりばめられたよう。

あ、ホタル!

ここは、明かりを消していてかなり暗い道なので、ホタルがたくさんとんでいるのが見えました。

ぽわー、ぽわーっと。

星とホタルの共演。

天文台で観望会に参加したいときは、予約が必要です。
わりとすぐ予約がうまっちゃうみたいです。




さっぱり何もみえませんね・・・
やっぱり夜の写真はそれ専用の何がしのカメラが必要です。
石垣のホタル、この辺(多摩)でみるホタルより大きかった。種類ちがうんだろうな。
妹はホタルみたの初めてだって感動してた。

【旅】狂おしいほど美しい海でした


石垣島にいってきました。

 (この自転車の写真は竹富島)光がいっぱいで、写真下手な私ですらきれいな写真がとれます。



どこもかしこも美しい海で、帰ってきても、目をつぶればこのキラキラした海が目に焼き付いているというありさま。
そして、夜は満天の星空。(天文台予約して、すごい望遠鏡で星をみせてもらったりした)

これは、石垣島のサビチ洞をくぐりぬけたところにある海。

さて、空白のときを埋めようと日記を書こうとしたらなんだか急に切ない。
むねがきゅーっとする。ここに何か忘れてきてしまったような感じ。
で、じっとすわっていても苦しいだけで仕方ないので茶碗片づけたり、何か、家のことで、掃除とかかたづけとかやろうってガタガタ夜中に始めた。(この日、疲れて、Cと4時間くらい寝てしまったので夜寝られなくなった)なんでもいいんだけど、やらないといけないことがあるのはいいことだな、って思った。(片づけろ、掃除しろっていわれたら、私にはそのノルマが鬼のようにあるよ)

とりあえず冷蔵庫あけて、古い調味料捨てたり、野菜庫あらってみたりして。いつもちゃんとやってる人はきれいなんだろうな。いま冷蔵庫すいてるから、掃除するチャンス。

 あれ。石垣島の話したかったのに掃除の話書いてる。

石垣島。

子供が小さいので、無理のないようスケジュールするのだけど、やっぱり知らない土地で、店もしらないから、お昼の時間が遅れてしまったり。子供は腹がへると不機嫌だしぐずる。(生理的欲求がかなわないと、なくしぐずるし大変なのだ)それを回避できなくて、車のなかでよく泣かせた。
でも、海にいくとご機嫌で、ビーチで砂遊びセットをかりると、時間を忘れてずっと遊んでいた。



 これは、月桃の種。9月になると月桃はほとんどが種になっていた。
(種もこするとあの、月桃の香り。)

石垣島は月桃だらけだった。どこにいっても植わっていた。