2019年1月5日土曜日

ファルコンの顔ににた人はいったい何人いるのだろうか。

ラプラスの悪魔のことを調べようとしてラプラスの悲劇と間違えてぐぐったら、ポケモンのラプラスしかでてこない不思議な朝を迎えています。


画像はポケモンGO攻略さんからお借りしました

今朝はなぜか早く起きたので、こしょこしょと・・・ゲームをすすめたり洗濯をしたり、WEBを更新したりしていたらあっというまに8時過ぎました。

はやいなーーー 特に朝の時間の過ぎ去るのは早い。

このブログを書き終わったら外出の支度をして、習い事付き添い業務です。 

さて。年末にカラオケにいって、そこで「ネバーエンディング・ストーリー」を歌った輩がいまして(若干6才)それからファルコンのことが頭から離れません。 顔がやたらおおきく、目と眉毛に特徴がある真っ白な龍? です。

80年代はあれがいっぱいいっぱいだったのだと思います。

で、あのファルコンなんだけど、私にもあの顔ににた同級生が中学のときにいたし、この前、この歌っていた少年のママも、しってる人がいると。あっちにもこっちにもファルコンがいるわけです。

ファルコンフェイス(笑)特徴としてはパーツがすべて大きいことです。いちどその顔がファルコンだと認識されると、忘れようとしても思い出せない、でなくて忘れられないことになります。

いったい何のことかいてるのかわからなくなってきたのでここでいちどたたみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿