2018年8月17日金曜日

27年前にいったサメット島のこと

昔々・・・

今から27年ほど前にタイのサメット島にいきました。とくにサメットにいこうときめていたわけではなくて、なんとなく流れ流され到着したのがそこだったってだけ。

島が国立公園になっているため、ほとんど何もない美しい美しい島。白い砂浜、青い海。どこまでもブルーな空・・・何もすることないから泳ぐか寝るか・・・

もう27年も前だと記憶があいまいすぎて、1つだけ覚えているのは、怪しげなやつらにジュースか何かごちそうになって、(半ば無理やり)完全にターゲットになっていたので、おやどの人に注意しなさいよっていわれて、友人がもう話しかけないでくれって断ったこと。それと、タイ人の親子がいて、船のところで迷っていたらこっちの船だよって教えてくれたこと。たぶんあの息子も、今は30歳くらいになって、あのときのお父さんの年齢を超えている気がする。インテリなお父さんで、英語を話してくれてなんとなくコミュニケーションがとれて助かったのを覚えている。息子がとてもかわいい子で、これも印象によくのこっている。

さて。今WEBを更新するにあたり、カユプテのところで、このサメット島を思い出した。サメット島にはカユプテの木がたくさん植わっていて、またの名前をカユプテ島というそうだ。

27年前は、カユプテにそれほど興味と感心がなかったので、あんまり注意してみていなかったのが本当に残念。

できればもう一回訪れて、27年前と今とどう違っているのか、カユプテはどんな具合なのかを確かめたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿