2018年7月30日月曜日

バレエの発表内容


女子同士の会話。

トウシューズはいつからはけるようになるの?

いっぱい練習にきている子で上手だったら3年生の終わりくらいに先生からいいよっていわれるよ

大きいお姉さんたちは、小さい子をよくみていてくれて、小さい子たちは私もお姉さんみたいになりたいとあこがれを抱く。

こどもは3歳になったばかりのときに始めたけど、そのときは小1のお姉さんだってすごく大きいお姉ちゃんで、気にしてくれたり、声かけてくれたりするとすごくうれしい(みたい)。今2年生になったから、自分より小さい子がいるので、よく一緒に遊んだり、注意してみている(気がする)。

そして、いつからトウシューズがはけるのかは関心ごとの上位にあるみたいで、センターで踊るお姉さんに尋ねたとのこと。週2回以上のレッスンをうけ、先生に認められたらトウシューズがはけると。

あんな危険な靴は履かなくてもいいんじゃないかなーとは、うっすら思うけど、(!!)まーあこがれるよね。それより、ストレッチをもっと頑張ったほうがいいんじゃないかなと思ったりもしますが。

バレエの世界は厳しい。親の体形みてオーデションおとされたりするらしい。すみません、足ひっぱるのは私ですね・・・。

自分は上手ではないとか理解しているみたいで(だから頑張ろうみたいにはならないらしい)もしバレエをやめても、友達がいるし、発表会はみたいとのこと。ま、いっかな。。。

バレエ習わせているママ連のなかでも確実に温度差はあって、コンクールでている子のママと私みたいにのらりくらりの人では当然ずれが生じる。コンクールママ連が何いっているのか(文字通り)よくわからないし、あちらも、私みたいに素人さんがどうして紛れ込んだんだ? と思っているかな・・・お団子もへたくそで! 怖くて質問もしにくい雰囲気。華やかだけど金がかかるし、本人も大変。親も大変。だから前回のブログにつながるけどこりゃマゾだな、って途中急にクールに考えたりしてしまう。

小さいときに、バレエをやっているお友達がちょっとうらやましかった、自分がやってみたかったことをこどもに押し付けただけかもしれないと思ったりする。だから、ちゃんと本人の意思を確認してやっていこうと思う。

そして演目だけど
エリートシンコペーションズを踊った。ほか、リトルマーメイド。3時間以上の長丁場。
練習のときからなんどもなんども音楽をきくのでなんとなく覚えてしまう。ユーチューブでみると、バレエがたくさんでてくる。衣装もフォーマットがあるようで、みていて面白い。

0 件のコメント:

コメントを投稿