2015年1月22日木曜日

【香り】脳とのリンク

まったくもってこれは恐ろしいことです。

以前、多摩市にある家を借りていました。
で、そこで、トイレに、ある香水をおいていまして(市販品です)そのにおいは、桜ヶ丘のトイレのにおいということで、私のなかでがっちりとつながってしまいました。

その、香水を、最近アナゴが発掘して、車の芳香につかっているのです。

私は、もう、桜ヶ丘のトイレにいるようで落ち着かない。アナゴもどうもおかしいとおもったらしい。

このことを踏まえて金木犀のことをかんがえました。

まだ水洗トイレが普及していないころ、トイレのちかくに、何かよい香りの木をということで金木犀がうえられることがおおかったらしいです。

で、私の母くらいの世代もしくは少し上の世代は、トイレ=金木犀とつながってしまったのです。
ああ、気の毒な金木犀。

今はトイレ事情はぐっとよくなっているのでそのイコール式はすくなくなっています。が、金木犀の香りをかぐと、トイレのようだっていう人がいたのです。

この経験を踏まえて。

絶対に、好きな香りをトイレの芳香にしてはいけません。

いつも身につけたい香りならなおさらです。

しかし不幸はどこにあるかわからない。

大好きな人が、あなたのトイレと同じ香りをつかってしまうことが・・・1/●● 
の確率でおきるかもしれない。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿