2015年1月23日金曜日

【植物】どくだみ~副鼻腔炎のときに

去年のゴールデンウイーク、ひどい風邪からはじまり副鼻腔炎でやく2週間以上苦しんだ。
そのとき、友人Iさんがどくだみの葉のやわらかいのをよくもんで鼻の孔につっこむとよいと教えてくれた。そのときは何もにおいがしない状態で(嗅覚が死んでしまっていた)わらにもすがる思い。
庭にわっさーと生えていてちょうど花の咲く季節。やわらかな葉ならたくさんあったので早速つんできて、もんで、鼻につめこんだ。

しばらくして・・・嗅覚がすこし戻ったのがわかった。

何たべても味がわからない状態だったのに、どくだみの葉のもんだときのにおいを感じるのだ。

やったーーー! 戻ってきた!!! うれしかった。

どくだみには解毒(膿を出す)力があるそうです。

ほんとに、うれしかったなあ、あのとき。

0 件のコメント:

コメントを投稿