2014年8月7日木曜日

【人生】孤独の大切さ

サガンは孤独をテーマに小説にして、読み終わったときに、何か胸がチクリとするような、そんな感じをいつもうける。

所詮人は孤独なんだよ、というような感じ。

しかし。しかし。

本当に本当に孤独になったことってありますか?
なかなか本当の孤独を入手するのは難しいし、たとえ入手しても、今度は寂しくなって孤独を手放してしまう。

私が孤独・・・というか、一人を実感したのは、夏のある日。カルカッソンヌまでスペインからバスで入って、ぽいっとそこにおろされて、まだ宿もありません、フラン(当時フランだった)もありません、シェスタで店はほとんどしまっています、という、あのじっとり暑かった日のことか。

とりあえず、お金を取り換えるところを探し、宿をさがし、荷物を運び、食事をした。
話し相手もいないし、一人で・・・何していたかというと、クロスステッチしていました・・・外暑くて出歩けないし、とりあえずね。あのとき、ちくちくしていたときのこと、今も手に取るように覚えています。何やってんだろう自分。

でもあれが孤独だったんじゃないかと、今思えば。

贅沢な贅沢な時間。

あれをいまヨコセ! といってもなかなか難しい。

でも、難しくても、工面することはできるし、努力しだいなんですよと書いてる本を読んで、なんとなく一人で旅行にいきたい気持ちがフツフツと湧いてきた。

0 件のコメント:

コメントを投稿