2012年7月12日木曜日

【FRAGRANCE1】NINA RICCI L'Air du Temps ONE DOVE

所有している香水について
仕事柄たくさん所有している香水について 紹介や感想文などを書いてみようと思う。


記念すべき第一号はNINA RICCIから。

レールデュタン(時の流れ)1948

NINA RICCI L'Air du Temps ONE DOVE

Francis Fabron




香りは、スパイシーなカーネーションノート。
ボトルはラリックのデザイン。

 濃度の違い、使用目的で、あまたのレールデュタンがこの世にはありますが、私がもっているのは、鳥1匹。がっちり作られています。本家は2匹とか。
1匹どこにいっちゃったんだろう?

日本の気候にはいまいち合わない気がしますが、つけるなら乾燥した冬ならいいかも。香りが全体的にあったかいものなので。


天然香料で同じものを再現できるか!? たぶんかなり難しいだろうけど、取り組み課題としては面白いですね。カーネーション・・・クローブとか。クチナシ、ローズ、ジャスミン。

いろいろな鳥のシリーズがあるみたいで、緑色の鳥2羽というのもあるらしい。

カーネーション、スパイス、ムスク
ローズ、クローブ、ガーデニア、オークモス
ネロリ、ジャスミン、サンダルウッド、イリス、オリス

 etc

すごくクラシカルな感じがするけど、香りにも毎年の流行があるのだから、これが発売されたときはとてもモダンだったのだろうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿