2009年12月8日火曜日

カッシーとミモザの違いについて

カッシー(アカシア)とミモザの違いにつていはいつも迷ってちゃんと説明がつかない。

wikiよりhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%A2
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A2%E3%82%B6
<アカシア>
アカシア属は約600種が熱帯から温帯にかけて、特にオーストラリア大陸に多く分布する。日本では関東以北では育たないとされる。明治時代に輸入されたニセアカシアを当時アカシアと称していたことから現在でも混同されることが多い。また、花卉栽培されるフサアカシアなどが、本来はオジギソウの意味のミモザと呼ばれている。
アカシアの蜜として販売されている蜂蜜ハリエンジュニセアカシア)の蜜である。

<ミモザ>
マメ科オジギソウ属の植物の総称(オジギソウ属のラテン語名およびそれに由来する学名Mimosa)。原義。
フサアカシアギンヨウアカシアなどのマメ科アカシア属花卉の俗称。イギリスで、南フランスから輸入されるフサアカシアの切花を"mimosa"と呼んだ事から。アカシア属の葉は、オジギソウ属の葉によく似るが、触れても動かない。しかし花はオジギソウ属の花と類似したポンポン状の形態であることから誤用された。今日の日本ではこの用例がむしろ主流である。鮮やかな黄色で、ふわふわしたこれらのアカシアの花のイメージから、ミモザサラダや後述のカクテルの名がつけられている。
どっちも香りを構成するフラワーノートとして大事なもの。
まめ科に属する2つの赤きアファルネシアナwilld とアカキア カウェニアHook et Arn.,は地中海沿岸諸国で本来栽培されていた2種である。ある植物学者は前者の変種として後者を考えている。
説明をよんでもなんだか租借できない感じ。
私はミモザっぽい香りがする白ワインが大好き。
RIMG0554

0 件のコメント:

コメントを投稿